矯正治療による顎の骨の成長障害

乳歯列の場合の“反対咬合”は、“経過を観察する場合”と“治療を開始する場合”がある。

反対咬合の程度によって様々ですので、(ハンドスケーラー)一度、矯正歯科の専門医にご相談する

成長期に咬み合わせが悪く、極端に顎がずれている状態を放置していると、下顎が左右にずれた場合正面から見た時の顔の形が非対称になってしまったり、下顎が前後にずれた場合出っ歯や受け口の顔の形になってしまうことがある。

顎の骨は遺伝と食物を咬む運動の影響を受けて成長する。例えば、受け口で下顎の前歯が上顎の前歯より前で咬んでいるような場合、上顎の前歯は常に内側への力を受けて、上顎の前方への成長が阻害されてしまう。

また上顎の歯並びが極端に狭い場合では、(オートクレーブ 歯科)左右どちらか一方へ下顎が誘導されて咬むことになり、下顎の骨の左右どちらかへの成長障害により、顔を正面から見た時に非対称になってしまう。

Schreibe einen Kommentar

Deine E-Mail-Adresse wird nicht veröffentlicht.